Rika's Daily Life

趣味でときどきパン焼きして教室やったり、おうちPhotoしたり。そんな主婦の日々の足あとです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Moving in New Apartment | main | Tokyo View from the top of the Metropolitan Government >>

Airport Security

今回の帰省で、久しぶりに日本の国内線飛行機に乗りました。久しぶりの羽田空港。ターミナルが2つになってた。新しいターミナルを使ってみたかったけれど、航空会社が違ったから願い適わず。

それにしても、久しぶりの国内線を使用して、「出発10分前までには搭乗口へお越し下さい。」というのにはびっくり。へぇ〜このご時世、そんな直前も乗せてくれるんだ、日本ってすごいねー。

でも全体的にセキュリティー甘くない?って思ったのが正直なところ。

セキュリティーチェックでは、コートは着たままでX線通れちゃうし、靴靴を脱ぐ必要もないし(おかげでヒールの靴がみごとにひっかかったぶー)、
液体の機内持ち込みに制限がない=透明の袋に入れて100mlまで、というやつがない。正確に言えば、3月から導入されるらしいけど。
それに、飛行機に乗るまで一度たりともID Checkされることもなかったし。

諸外国(といっても私が知る限りでは南北アメリカ及びヨーロッパくらいだけれど)の空港での、当たり前のようにあの長蛇の列の引き起こすセキュリティーチェックは、どれくらい意味があるのかね、って思うところもなきにしもあらずだし、ダンナは「テロ犯は、こんなこと(セキュリティーチェック)じゃひっかからないでしょ」とも言うけれど・・・・。でも、やらないよりはやったほうがいいよね、やっぱり。空の安全&自分の安全のためにも。そういえばこないだアメリカの某空港で、セキュリティーチェックの係員が大声で「(こんな細かいセキュリティーチェックは)私のためにやってるんじゃないのよ、あなたたちのためなのよ。私は飛行機乗らないんだから」って叫んでたなぁ。

そんなわけで、セキュリティーチェックにどれくらいの効力があるのかはよくわからないけれど、もうちょっと厳しくしてもいいんじゃないかな、日本の空港。ID Checkとか、ね。

on Jan.11
ひとりごと | permalink | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする