Rika's Daily Life

趣味でときどきパン焼きして教室やったり、おうちPhotoしたり。そんな主婦の日々の足あとです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

はじめての家族旅行@熱海ふふ



2011年もあと数日、という年の瀬に、熱海へ温泉旅行行ってきました。初の家族旅行です。
出産前最後に行った熱海ふふさん。子供OKとのことだったので、初の家族旅行もこちらに行かせてもらいました。

これまでの最長ドライブ、かつ年末の渋滞は、と心配だったけれど、ほとんど渋滞もなく、しかも動いてるものだと良く寝てくれる娘ちゃんなので、とっても助かりました。途中では、初めての海も見てきました。まぁ、あまり認識されてないようでしたが(笑)。

今回は子連れということで、一番奥のお部屋を用意していただきました。
2階のお部屋で、バルコニーに露天の岩風呂とハンモック。久しぶり〜の温泉にのんびり。子育て疲れも、しばし癒されました。

お食事もお部屋で。なので、娘ちゃんのことも気兼ねなく、美味しくいただけました。まぁ、大人だけのときのようにゆっくり味わう、とまではいかなかったけれど(笑)。そして、夕食後は1人エステへ♪ ぷるっぷるお肌にしてもらいました。その間ダンナは、ぐずる娘ちゃんに悪戦苦闘したらしく、戻ったら2人で疲れ果てて寝てました。お疲れー。



翌朝も、早起きの延長で朝からお風呂。朝食挟んで、帰る前にもう一度お風呂。とにかく温泉に入りたい!という願いはしっかり叶えられました。娘ちゃんも、朝はパパと一緒に初温泉。生後4ヶ月で温泉、しかもお部屋露天なんて、なんとまぁ贅沢な。

初の家族旅行は、荷物も多くて1泊なのにちょっとした夜逃げのようだったけれど、美味しい食事に温泉にと、日常から離れた時間を過ごせて、とてもいい時間が過ごせました。また行くぞー。 

Travel | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

9th Anniversary @ 熱海ふふ



今年の(ちょいと前倒し)結婚記念日旅行は、直前になってようやく決定。熱海ふふさんに行ってきました。

熱海の住宅街の中にありながら、静かな大人な雰囲気漂う空間。車で到着すると、エントランスでバトラーさんにお迎えされて、そのままお部屋へ直行。お部屋までの道のりの間には、まだ紫陽花がきれいに咲いてました。



テラスには、洋風呂だけれどかけ流しの温泉♪ お庭にはおっきなカウチに、青竹の竹林。風が吹くと、笹がそよそよと葉をこする音がとっても涼しげ。若干時期的に蚊がいたりするのが残念だったけど。お部屋も大きなベッドルームに和室と、広々のんび〜り。大好きなネスプレッソもいっぱいあるし、紅茶にお茶に、冷蔵庫の中もアルコールからソフトドリンクから、すべてフリードリンクなのも嬉しいところ。各部屋に露天風呂が付いているけれど、大浴場ももちろんあり。他の人と一緒になることもほとんどないので、こちらもちょっとした貸切状態。入り口にはお部屋とは違ったドリンクが置いてあったりもして、それもまた違う楽しみ。

お楽しみのディナーは、和懐石をお食事処の個室で。夏野菜をふんだんに使ったお料理だったこともあって、心配だった胃もたれもなく、最後までしっかり美味しくいただけました。評判どおり、ノンアルコールドリンクも豊富で、しかもワイングラスでサーブされてきたりもするので、気分も上々。

食後も、残った鱧の炊き込みご飯をおにぎりにしてくれて、お部屋で温泉入ったあとにしっかり頂きました。夜は、冷房のきいたお部屋で朝までぐっすり快眠♪



朝のそよ風に吹かれる笹の葉の音を聞きながら、お部屋露天でのんびりした後は朝ごはん。

前夜選べるので、和朝食にしました。夕食と同じお食事処・夢音にて。朝はテラスの見える明るいお席で。濃厚なマンゴーオレンジジュースが目覚めの体に染み渡って美味しい♪ 新鮮なお野菜のサラダもみずみずしいし。お料理も、シンプルながらも多すぎずちょうどいい感じで体に負担なくしっかりいただけちゃいます。ご飯は炊き立てをテーブルに。お米が美味しい。米人間のダンナは朝からテンションあがってモリモリ食べてました。

チェックアウトまでゆっくりと、としたいところですが、ちょいとやることがあったりもしたので、結構ぱたぱた。毎回こういうところへはの〜んびりしに来ているはずなのに、なぜかあわただしく過ぎてあっという間にチェックアウトの時間に。どうしてだろ?結論→寝てる時間が多い、と合意(笑)。ある意味のんびりしてるんじゃん。

東京からも近いし、また日常を離れてのんびりしたいときに、できれば連泊で・・・・。次回はシスレーのエステにもぜひ。

今年もいい記念日温泉できました@

Travel | permalink | comments(0) | - |

蛍雪の宿 尚文



今回の旅の目的は、いつもながらですが温泉。久しぶりの温泉旅行でした。
以前からチェックしていたこちらのお宿。お湯と、地産地消の美味しいお食事にと、ゆっくりしてきました。

お部屋露天だったので、お庭の新緑を眺めつつ、滝の水音を聞きながら、いつでも好きなときにお湯に浸かり・・・・と極楽。お部屋以外のお風呂も、すべて貸切風呂なので、他の人と一緒にならないのが嬉しいところ。浴衣は好きなものを選べるし、セルフのドリンクや利き酒コーナーもあったり、お部屋には、ハイテクなマッサージチェアもあるし、かわいらしい湯上りドリンクも。



お待ちかねの夕食は個室の食事処で。
地のものにこだわったお料理は、山菜に始まり、肉厚しいたけを囲炉裏で焼いたり、岩魚の塩焼きにから揚げ、牛豚鳥のお肉をあぶり焼きしたり。釜飯のお米も美味しいし、山菜いっぱいのけんちん汁には熊肉を入れてくれたり。ボリューム満点だけれど、どれもこれも地のものを工夫したお料理で美味しくって気が付けば完食。デザートはロビーでゆっくりと。その間にお夜食のおにぎりまで用意してくれました。



ぐっすり眠った後は、朝のお楽しみ、朝食。こちらも夕食同様、ボリューム満点、地産地消メニュー。赤城鶏のハムののった新鮮野菜のサラダは、とってもみずみずしくって和風ドレッシングと一緒にもりもりと。梅干の入った豆乳蒸しは、とってもなめらかでやさしい味。寝起きの体に染み渡る感じ。昨夜のうちに選んでおいたメインは、鮎の一夜干しか手作りソーセージをチョイス。ソーセージはぷりっぷりでお肉の甘みがさっぱりと美味しく、もう1本ほしかったくらい。こだわりタマゴの卵焼きも、ほんのり甘くって懐かしい味。お米にいたっては、昨夜とは違う種類のものを出してくれるというこだわりで、お米大好きダンナは特に大喜び。デザートの抹茶のソフトクリームまで、朝からしっかり美味しく頂きました。後はチェックアウトまでお部屋ののんびりまったり。



蛍雪の宿、というだけあって、蛍の時期と雪の時期が中でも最高なんでしょうね。今度はぜひその時期を狙って!

Travel | permalink | comments(0) | - |

Season of Fresh Greenery



季節のお花たちもよかったけれど、今回はあちこちに見られる新緑の緑がとっても目に鮮やかでした。

途中、利根川上流@水上の川辺へ。豊富な雪解け水の流れる音とその向こうに見える新緑の青々しさが目に鮮やかでとっても気持ちのいいところ。ピクニックとかしたら最高だろうな〜。

今回は、この時期の山地方、ということもあって、ところどころで山菜を取っているお母さんたちと遭遇。道の駅とかでもたくさんの山菜が売られていたけれど、山菜のこと知ってたら摘めたりして楽しいんだろうなぁ。と思っていたら、この川辺で山菜取りのプロのようなお母さんと遭遇。ちょっとしたきっかけでおしゃべりしたら、山菜のこといろいろ教えてもらえて。知ると、とたんに足元が山菜の美味しい宝庫に見えてきます。私もちょっとだけ山蕗を摘んでみました。ただいま美味しく頂くべく、灰汁抜き中。

Travel | permalink | comments(0) | - |

Seasonal Flowers @ 群馬



水沢うどんの後は、群馬を北上。

水芭蕉の群生を見に行った玉原湿原。今年は雪が多かったせいか、まだまだ残雪がたくさん。一面の水芭蕉を期待して行ったのに、早咲きのものがチラホラとだけ。寒かった・・・。

途中、滝を見つけてはカメラを抱えて行くダンナにくっついて、側の野草をちんまりと撮影したり。

水上では、山桜と桃が満開のところを見つけてお邪魔してきました。

東京ではもう過ぎてしまった春を満喫しながらのドライブ♪

Travel | permalink | comments(0) | - |

水沢うどん



GW最後の週末。水沢うどん食べてきました。

高速渋滞をできるだけ避けるべく、朝早起きして出発。そしたら、全く渋滞にひっかかることなく、当初はお昼ご飯にと予定していたのに、10時前には現地に到着。朝食うどんとなりました。

舞茸の天ぷらとの水沢うどんが食べたくって入ったお店。おっきな舞茸の天ぷらが2つと冷たい水沢うどん。フツーに美味しく頂きましたが、釜揚げにしたダンナにはイマイチだったみたい。やっぱりコシを求めるなら、冷たいおうどんじゃあないとね。

Travel | permalink | comments(0) | - |

Beautiful Sunrise @ 御宿TheEarth



1日中雨で満月の見れない夜だったけれど、翌朝はあの天気がうそのようなくらいの快晴!6時に起きて、日の出を見に展望台へ上がってみました。

だんだんと空がオレンジがかってきて、強烈な丸いオレンジの光がピッカーと現れる。あまりにもキレイで、御来光を拝んでいるような気分に。この美しい景色を見るためなら、早起きもしてみるもの。



日の出を待っている間に、西の空には白んだ満月が♪前夜は見れなかったけれど、ここで見れるとは。白んだ満月もこれまた神秘的。



お天気はいいものの、ものすごーい北風のせいで、20分ほど外にいたら体がめちゃくちゃ冷えた。ので、お部屋に戻ったら早速温泉。おとといの月見風呂ならぬ、今日は日の出風呂。朝日をさんさんと浴びながら、なんかとっても健康になりそう。

この後、早めの朝食を頂いて、早々にチェックアウト。午後から仕事の旦那に合わせてまっすぐ帰路へ。まだまだゆっくりしたかった・・・・。
Travel | permalink | comments(0) | - |

photo photo photo @ 御宿TheEarth



2日目は、朝早くから伊勢神宮にお参りでも、と思っていたけれど、朝から大雨。さらにはちょいとトラブル発生で、午前中は急遽予定変更。そのままお昼ごはん食べて、ちょっとだけ行きたい所に寄って、後はお部屋でま〜ったり。雨の降る海を見ながら何ラウンドも温泉入ったり、コーヒー飲みながら毎日変るお部屋菓子食べて、ライブラリーからDVD借りてThis is itを鑑賞。こういう過ごし方もやってみたかった〜。いっつもあれもこれもと欲張って行動しちゃうから。

今回ステイしたリラクゼーションスイートは、2部屋あるうち角部屋のほうだったので、開放感最高♪テラスも広いし、リラクゼーションスペースもあるし。寒かったので、外はあまり使えなくて残念だったけれど、リラクゼーションスペースでは、CD聞きながら読書タイム。



朝晩のごはんは、変らずボリューミー。しかもアワビと伊勢海老ははずせません。前回は夏らしいお料理が並んだけれど、今回は食材だけでなく、あしらいまでも秋満載。連泊しても、アワビと伊勢海老は違う調理法で出してくれるから、美味しいもの大満足。そのほかにも、ご飯も美味しいし、朝の伊勢海老のお味噌汁もお出汁がきいて美味。毎回お腹いっぱいになるから、旅行中は常に満腹でいたような。お夜食もしっかりいただいちゃってたし。



フリードリンクやCD、DVD、本など自由に使えて、夜はバーにもなるラウンジも、ついつい写真撮っちゃいたくなるようなところが沢山。チェックアウト時に、「いいお写真たくさん撮れましたか?」って支配人さんに聞かれちゃいました。お部屋から出るときはいつもカメラ持ち歩いていたから、私(笑)。
Travel | permalink | comments(0) | - |

The Day before Full-Moon@御宿TheEarth



夏に引き続き、今回のお宿も御宿TheEarthさん。というのも、前回泊まったときに、どうしても一番人気というリラクゼーションルームに泊まってみたくなって、チェックアウトの際に次回予約しちゃったのでした。しかも今回は満月の日にどんぴしゃでもあって、旦那も仕事をなんとかやりくりしてやってきました。

到着日は満月前夜。すでにどっぷり日が暮れてからの到着となったので、向かう途中には、月あかりが照らす海上の道にぼんやりと浮かぶような幻想的な御宿の景色を見ることも。



そして、バーラウンジでのウェルカムシャンパンを楽しんだ後、向かったお部屋、リラクゼーションルームでは、早速露天で月見風呂。こんな贅沢なお風呂ってありませんな〜。

こちらの御宿では、満月前後の3日間、夜の1時間、展望台で満月を見ながらワインをいただけるというイベントが。初日早速行って見ました。とってもキレイなお月様を眺めながら、ホットワインを。でもあまりにも風が強くって寒くって・・・・・。早々に退散して、またお部屋で月見風呂〜。

ちなみに、翌日の満月当日は、前日の晴天がうそかのように、そしてみごと天気予報あたり!で、朝から一日中ず〜っと雨。あいにくの満月の夜となりました。
Travel | permalink | comments(0) | - |

鳥羽&志摩ドライブ



今回も現地ではレンタカーの旅。とってもいいお天気なのに、翌日は1日中雨という天気予報。それじゃあ、できることは今日のうちに、と牡蠣で満腹になった後はドライブへ。

パールロードをひたすら走り・・・・的矢大橋へ。ちょっと傾いた陽がまぶしくって。



そして、そのあと夕日が沈むのを求めて、西へ走る走る・・・・。でも旦那が予定していた目的地は思いのほか遠かったらしく、急遽変更。灯台のあるところへ向かったものの、灯台はすでにクローズ→太陽が海に沈んでいく景色は見れず。あ〜あ残念。
Travel | permalink | comments(0) | - |